Japanese Site

横須賀ワンラブインプラントセンター

横須賀ワンラブインプラントセンターはインプラントの疑問・お悩み解決をお手伝いするサイトです。インプラントとは何なのか、基本から詳しく説明します。 (監修・横須賀市ワンラブデンタルクリニック)

インプラントとは

インプラントのしくみ

implant.jpg歯は、歯ぐきより上の部分である「歯冠」と、歯ぐきより下の部分である「歯根」から成り立っています。歯を抜いた場合この「歯根」までも失うことになるため、差し歯ができなくなってしまうのです。
インプラント治療は、チタン製の人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上から人工の歯冠を装着する治療法です。
チタンは、体内に入っても異物とみなされず骨と結合しやすい特性(生体親和性)を持っており、インプラント治療はチタンの持つ生体親和性を利用しています。

インプラントは骨に直接結合するので、入れ歯のように動いたり、ズレてかみづらかったりすることは無く、以前の自分の歯に近い感覚で噛めるようになります。
歯を 1本失った場合から全部失った場合まで、幅広い症例に対応できます。また見た目も自然で美しい歯になるのもインプラントの特徴と言えるでしょう。

imp3.png

インプラントは生体になじむチタン製のスクリューです。これを顎の骨に埋めて固定します。
インプラントのオペの後は、骨としっかり結合するまでしばらく期間を置き、型どりをして、被せ物を作って行きます。上の被せ物が入ればまた自分の歯のように噛めるようになるのです。

 

インプラントの歴史と成功率

1952年、ペル・イングヴァール・ブローネマルク博士の研究チームは微少循環(血液の流れ)に関する基礎研究を行っていました。

博士は動物の体内にチタン片を埋め込んだところ、このチタンが骨とがっちりと結合し取り外せない事に気づいたのです。

ブローネマルク博士は、さっそく骨とチタンが結合するという性質について研究を開始し、これをオッセオインテグレーション(骨結合)と命名しました。この方法は歯科インプラントはもとより、現在形成外科の分野でも応用される医療技術となりました。

実際に40年前に世界で初めて患者さん埋め込まれたインプラントは現在でも問題なく機能していて、成功率も95%以上(10年生存率)と、インプラント治療が信頼のおけるものだと証明しています。

 

当院で採用しているインプラントの品質について

インプラントが成功するか否かはインプラント自体の品質も重要です。
当院では、世界的に品質を認められている、ストローマン社、アストラテック社のインプラントを使用しています。