Japanese Site

横須賀ワンラブインプラントセンター

横須賀ワンラブインプラントセンターはインプラントの疑問・お悩み解決をお手伝いするサイトです。インプラントとは何なのか、基本から詳しく説明します。 (監修・横須賀市ワンラブデンタルクリニック)

従来治療とインプラント比較

《従来の治療法(ブリッジ)》

imp1.png
従来の療法では、周りの健康な歯を削りブリッジを装着できるような形態にします。歯は元々一番外側に防御の役割を果たすエナメル質という硬い部分がありますが、ブリッジにするためにはこの部分をほぼ削りとらなければならず、削られた歯は細菌に対しての抵抗力が弱まり虫歯になる可能性が高まり、また神経にも近くなるため、しみる症状が出ることがあります。
またブリッジは清掃性が難しくきちんと磨いたつもりでも、ブリッジと歯肉との間に食べ物のカスがつまり、口の中が不衛生になりやすいことがあります。
支えになる両サイドの歯は大きな力の負担がかかるため、片方の歯が歯周病にかかってグラグラしてくるともう片方も共倒れになってしまうこともあります。
データ的にはブリッジの生存率は装着後12年以上経過すると急速に低下し、15年で約3分の1が、20年で約2分の1が機能しなくなると言われています。(矢谷博文論文より)

《インプラント》

imp2.png
インプラントは歯根の代わりとなるため、周りの健康な歯を削る必要はありません。
残った歯を守るように働き、他の歯へかかる過度な力を分散させるため残った歯がぐらぐらしてくるのを防げます。
自分の歯と同じような感覚で噛むことができ、天然歯と同じようにきれいで美しい外観を保つことができます。
インプラント発祥の地、スウェーデンのイェーテボリ大学のデータでは10年生存率が96.2%という報告があります。
横須賀ワンラブインプラントセンターでは全てこのスウェーデン製のインプラントを用いています。