Japanese Site

横須賀ワンラブインプラントセンター

横須賀ワンラブインプラントセンターはインプラントの疑問・お悩み解決をお手伝いするサイトです。インプラントとは何なのか、基本から詳しく説明します。 (監修・横須賀市ワンラブデンタルクリニック)

はじめに

prof.pngインプラント治療に最も重要なのは、事前のCT撮影などで顎の骨の状態をしっかりと把握し、そのケースに最も合ったインプラントの本数、埋入位置などの治療計画を患者様と一緒にたてていくことです。
(横須賀ワンラブインプラントセンター)

インプラント治療は、世界でも成功率が高い治療であり、歯を失った患者様が再び自分の歯と全く変わらない食生活を取り戻すことができるという大きなメリットがあります。入れ歯やブリッジなどの従来の治療法との違いは、失った歯の周辺の歯を削る必要がなく、そこだけを再建できるという点です。
また虫歯、歯周病などにより歯が抜け、歯が残り少なくなってくると、その歯には過度の負担がかかり、さらにぐらぐらしてきてしまいます。取り外し式の入れ歯はこのような咬む力を支えるアンカーにはなってくれないのですが、インプラントが的確な位置に埋入されれば、しっかりとしたアンカーになってくれて残った歯を守ってくれます。入れ歯で補えないメリットがインプラントにはあるのです。
歯周病で残りの歯が少なくなってきた方、入れ歯のような取り外し装置がわずらわしい方、義歯よりももっと強く咬みたいとお感じになる方は、インプラントを検討されることをお勧めします。
当院では事前にCTを撮影することにより、顎の骨の状況を立体的に把握し、インプラント治療計画をしっかり立て治療を行います。
インプラントは保険が適用されないし、高いのでは?と心配される方もいると思いますが、自分の歯と同等の歯がインプラントによって取り戻せるとしたら、価格以上の喜びを日常生活に取り戻せるのではないでしょうか?

院長経歴

木村 文彦(FUMIHIKO KIMURA)

院長・歯科医師 
●県立横須賀高校出身
●平成14年 東京医科歯科大学卒業
スウェーデンイェーテボリ大学インプラント研修終了

チューリッヒ大学インプラント科研修終了

イタリアミラノ大学歯周病科研修終了

EPICコース受講

●ITI Straumann インプラント認定医
●TMD歯科治療研究会
インプラント部門 講師
●インビザラインドクター
●横須賀ワンラブインプラントセンター所長

所属学会
●日本歯周病学会●日本臨床歯周病学会

●AAP(米国歯周病学会)●EAO(ヨーロッパインプラント学会)

●審美補綴歯科学会
●東京医科歯科大学CDE終了(歯周外科、インプラント)